6月28日に 「i-MiEV、MINICAB-MiEVの車載充電器について」というサービスキャンペーン情報を取り上げましたが、7月12日に「ご愛用車の注意喚起(サービスキャンペーン)のご連絡」文書が送られてきて紹介したところです。
また、7月19日には、i-MiEV、MINICAB-MiEVの車載充電器サービスキャンペーン3(誤ってブログを消してしまいました。いただいたコメントは残っています)で点灯以前に交換できた方の事例も書きました。
i-MiEVのサービスキャンペーン(2019/07/18)

今回は、私のアイミーブも交換できましたので経過を報告します。

私の場合は、高速を走ったり夜間に走行したりすることはまれですから緊急を要することはなく、『交換できるものならしてもらえると・・・』という程度のゆるい希望をディーラーに伝えていましたが、結果的に早い時期に交換してもらうことができました。

6月28日 6月27日付けで三菱から「i-MiEV、MINICAB-MiEVの車載充電器について」というサービスキャンペーン情報が出ており記事にする。
6月28日 ディーラーへサービスキャンペーンの問合せ → メーカーへ問い合わせるとの返事
6月29日 ディーラーからの返事。問合せが多いし条件があるので交換可能かどうかは保留
7月09日 ディーラーへ12ヶ月点検(8月6日)の予約
7月11日 ディーラーから警告が点灯前でも交換できそうだが、いつできるかはわからないとの返事
7月19日 ディーラーへ点検時に交換できないか問合せ → ディーラーから定期点検日の6日に交換できそうとの返事
8月06日 12ヶ月点検を兼ねて「車載充電器」を交換

ディーラーで受付時の話によると、私の交換より前に、すでに1台車載充電器を交換していたそうで、手順は分かった上での作業になり、2時間半ほどでできるとのことでした。で、その通りになりました。お世話になったので、ついでにエアコンのフィルターも交換してもらいました。

アイミーブの普段使いが街乗りのみであるにもかかわらず、警告ランプが点灯前に交換できたことで、より安心して運転することができます。

ただし、気にかかったことは、自宅での太陽光発電での充電時の電力量が少し下がったのではないかと思われる点です。前の記録をメモしていないので、ハッキリとしないところがあるのですが、50Wほど下がっているような気がします。元もと100Vの「ゆっくり」充電ですから急ぐわけではないので、下がったとしても些細な数字ですが、少し気になりました。


ちなみに発表されている部品交換の流れは以下のようになっています。
  1. パワーユニット警告灯」、「補機用バッテリー充電警告灯」の両方が点灯した
  2. 点灯した状態で走行を続けた場合・・・走行不能にいたる可能性があるため、ただちに安全な場所に停車
  3. レッカー依頼
  4. 最寄りの「三菱自動車 販売店」にレッカー移動
  5. 点検し、原因が車載充電器の内部ショートであれば、部品交換発注
  6. 後日、無償交換
スクリーンショット 2019-06-28 8.52.57
(画像:三菱のHPより引用)