当ブログでは、 トヨタも「EVの普及」へ(2019/06/09)と書きましたが、トヨタには「電動化技術」や「ハイブリッド」があるから優位は動かないという趣旨の記事も散見されます。

トヨタがEVに出遅れているなんて誰が言った!? ハイブリッド量産20年超のノウハウでEVでも世界制覇へ(2019/06/17)

かつてないメーカー同士の協業もトヨタに見るEV時代の開発戦略(2019/06/21)

その優位性を決定づけるものがトヨタの開発している「全固体電池」ですが、前回「半」固体電池?(2019/06/23)で書いたような次世代型リチウムイオン電池がいち早く登場してくると、2020年中にとりあえず「発表」されるという「全固体電池」は大丈夫かと心配してしまいます。

それを裏づけるかのように下記の記事の中には、「本当に全固体電池は必要なのか。現行の液系リチウムイオン電池を効率よく使いこなすことが、コスト面でも航続距離の面でも電気自動車(EV)にとって最善だ」とありました。

「2030年まで全固体電池は商品化しない」、CATLの真意 CATLの実像(下) (2019/06/24)

これを述べたのが、新たにトヨタが電池事業で提携する「CATL」の幹部だというのですから、真意は不明ですが、「全固体電池」の前途は多難そうです。